2010年01月09日

<下山せず>北ア・奥穂高で神戸の50代男女3人(毎日新聞)

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂(かんさか)の北アルプス奥穂高岳(標高3190メートル)へ登山した50代の男女3人が下山予定日を過ぎても連絡がとれないと、3人が所属する東灘勤労者山岳会から2日、岐阜県警高山署に届け出があった。県警は天候が回復次第、ヘリコプターで捜索する。

 同署によると、3人はいずれも神戸市在住で、29日に穂高岳に入山し、30日に奥穂高岳の山頂に登頂した。31日に下山し、神戸に戻る予定だった。予備日の1月1日を過ぎても3人の携帯電話がつながらない状態だという。現場付近では、雪崩の発生は確認されていない。【三上剛輝】

【関連ニュース】
山岳遭難:京都と堺の男女が行方不明に 八ケ岳連峰の赤岳
山岳遭難:不明の仏人学生、無事自力下山 奈良・八経ケ岳
八剣山:フランス人学生が遭難か 奈良県警捜索
富士山遭難:「担いで帰りたかった」…片山さん泣き崩れ
富士山遭難:冬の登山は相当危険「マッターホルン以上」

スクラッチ
意味深な話
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
posted by とげぬき地蔵 at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松江市もLRT電車 開業は24年度以降 (産経新聞)

 松江市は、低床式路面電車を運行するLRT(軽量軌道交通)を平成24年度に開業することを決めた。ルート案は、JR松江駅と一畑電車しんじ湖温泉駅を結ぶ路線で、同市は2月にもLRT導入を考えるシンポジウムを開く。

 松江市はLRTの運行で、車の排出ガス削減による地球温暖化防止への貢献を期待。昨年11月には有識者らでつくる市新交通システム研究会(座長・谷口守筑波大学院教授)が初会合を開き、今年6月にも導入に向けた提言をまとめる。

 ルートはJR松江駅〜松江しんじ湖温泉駅を基本に、松江城、市総合体育館、島根大、県立美術館近くなどを通る4路線が検討されている。

 同市は今後、事業の採算性や運営方法などを詰めていく。LRTをめぐる動きでは、富山市は18年から第三セクターで運営。大阪府堺市では、巨額の事業費などのために導入計画がストップしている。

 LRTは、高齢者や身障者でも乗りやすい低床(ノンステップ)の車両を運行。動力システムも環境に配慮した蓄電式で運用される。

【関連記事】
堺市長“公約”LRT中止、議会4会派は認めず整備費予算提出へ
堺LRT予算9億減、生活保護34億円増…オール野党の市議会反発も
路面電車で魅力的な街を 広島でLRT都市サミット
大阪唯一の「チンチン電車」が消える? 阪堺電気軌道阪堺線
新幹線技術 海外に軌道 川重、次世代型でも北米攻勢

ひできのブログ
プライマル
クレジットカード現金化
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
posted by とげぬき地蔵 at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。